ドレス用語(タ行)

2016.03.15

みなさま、こんにちは社交ダンスウエア(燕尾服、タキシード、ドレス)を美しくケア(クリーニング、メンテナンス)できる店
のだクリーニング店長の野田です。
本日はドレスの専門用語を調べましたのでご紹介いたします。
(タチツテト順です)

ダーツ (darts)
織りヒダを内部に入れて縫い消しをしたもの。身体の曲線に適合させる為布地の一部をつまんでん縫い消し、縫い込みをすること。

タッキングスカート (tucking skirt)
タックを寄せたスカートのことです。Aラインなどのシンプルなドレスにタックを寄せることで空気を含んだ自然な膨らみが出、ボリューム感を出すことが出来ます。

タック (tuck)
装飾や余裕を取るための「折り重ねひだ、縫いひだ」をいう。生地の一部分を引っ張って(つまんで)折り重ねること。

タフタ (taffeta)
本来は絹(シルク)の平織の織物をいいます。経糸よりも太い緯糸を用います。1355年に「平織の絹織物」として文献初出しています。「薄琥珀」と同義語になります。薄地、張りがある織物で光沢のある質の良い生地、見る方向により色目が変わる独特の発色が現れる「玉虫効果」があります。

チューリップライン (tulip line)
チューリップの花のように、上半身はややゆったりしているがウエストから下は細い直線上のシルエットをいいます。似たものに「Yライン」「Tシェープルック」などがあります。なだらかな肩のライン、ふっくらした胸元、ウエストを絞った形のことでもあります。1953年クリスチャンディオールの春夏コレクションで発表したシルエットが由来です。

チュ-ルレース (tulle lace)
六角形(亀甲状)の透き間を持った平織の織物、および似た織編物をいいます。「チュールレース」ともいう。「亀甲紗」と同義語になる。ベールなどに用いられます。名はフランス中部のリムーザン地方の古都「チュールTulle」で最初に作られたことから。

ティアード (tiered)
段々になった、層になった。などの意味であります。「ティアー」からの語。ドレスやスカートを横に何段にも切り替えて多くの段々を構成させたものをいいます。普通、切り替え線を利用してフリルやギャザーを出します。

デコルテ (decollete)
襟を取り去った、襟ぐりを大きく刳った、棟や肩を大きく露出した。などの意味であります。胸や肩を大きく明け、肉体美を誇張するもので、いわゆる「諸肌脱ぎ」になります。18世紀から女性の正装、夜会服であるローブデコルテのネックラインをいったが、その襟を持つローブデコルテ自体を言う事があります。

ドレスコード (dress code)
衣服規制。衣服に対して定められた制度、法令などをいいます。現在は法律的な面ではほとんど消滅したが、その名残は暗黙の社会的ルール、マナーになって、儀礼服を中心として根強く存在しているといえます。

ドレープ (drape)
(布、衣服などで)優美に覆う。飾る。(衣服、カーテンなどに)優美な襞を付ける。(衣服の)ゆったりとしている襞。–などの意味であります。ロングドレス、ロングスカートなどは裾に向かって垂れるドレープを強調したものが多いです。

トレーン (train)
トレーンは装飾や権威を表すため、すでに紀元前の中東で「長い上っ張り」として用いられています。中世になると前後のみ、あるいは背から下にぶら下げたような飾り着。袖付きの垂れ下がったような長着。胴にぴったりした長着。鎖帷子の上に着る短い陣羽織のようなもの(サーコート)–などなどいろいろな形になりました。その1つとして、より豪華さや優美さを誇るため後ろに引きずるような形のものがありました。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

当店ホームページです。
よろしかったら、ご覧ください。
http://noda-tailcoat-cleaning.com/

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックしてください(^^)


社交ダンス ブログランキングへ

Category : 未分類

ドレス用語(サ行)

2016.03.15

みなさま、こんにちは社交ダンスウエア(燕尾服、タキシード、ドレス)を美しくケア(クリーニング、メンテナンス)できる店
のだクリーニング店長の野田です。
本日はドレスの専門用語を調べましたのでご紹介いたします。
(サシスセソ順です)

サテン (satin)
サテンウィーブ(朱子織)による織物をいいます。漢字では本来「繻子(薄い絹織物)」と書くが、その音を当て字した「朱子」と書くことが多いです。経糸あるいは緯糸のいずれか一方が表面に多く浮き出している組織で、表面がすべすべして光沢性に富むものになています。反面、摩擦に弱いという欠点があります。

シースルールック (see-through look)
「シー(見る、見える)」と「スルー(通り抜けて、貫いて)」から成る語。単に「シースルー」ともいいます。透けて見える衣服の装いをいいます。「透け透けルック」「ヌーディルック」「トランスペアレントルック」「シアールック」などと同義語になります。またそのような衣服を「シースルーコスチューム」「トランスペアレントコスチューム」などといいます。

シフォン (chiffon)
薄く柔らかい織物。(リボン、レースなどの婦人服の)飾り–などの意味であります。織物用語では通常のものよりも薄く柔らかいものをいいます。代表的なものに「シフォンベルベット」「シフォンタフタ」「シフォンシルク」などがあります。

シャーリング (shirring)
布地に2本以上の縫い目を入れ、縫い糸を引き絞るなどで無作為的に波状の無数の襞(皺)を作ること、および作った縫い縮め飾り襞をいいます。ギャザーに似ているが、ギャザーは布地の一端に作った襞を指し、シャーリングは布全面に襞を作ったものをいいます。普通は縫い糸にゴム糸など伸縮性糸を用いることによって襞を作ります。

スクエアーネックライン (square neckline)
四角に刳った襟ぐりをいう。スクエアは特には「正方形、真四角」を指すため、厳密には襟明きが正方形になったものを指すことが多いですが、横に長い煉瓦型の「ブリックネックライン」と方形、四角ということでは共通しているため同義語になります。

スタンドカラー (stand collar)
「立ち襟(詰め襟)」を意味する和製語で、本来は「スタンダップカラー(スタンドアップカラー、スタンディングカラー)」などといいます。

ストレッチ (stretch)
繊維用語では「弾力性がある、伸縮性がある」などの意味に用い、「ストレッチヤーン(伸縮糸、弾性糸)」「ストレッチファブリック(伸縮性繊物)」などがあります。

スパングル (spangle)
舞台衣装やパーティードレスなどに縫い付けて飾る、光をきらきらと派手に反射する金属やプラスチックの「(小さな)薄片」をいいます。日本では訛って「スパンコール」ということが多いです。

スパンデックス (spandex)
特殊な合成繊維で大きく伸縮する長繊維糸のこと。原料はポリウレタン樹脂を紡糸したものが多い。ゴムの様に良く伸び、耐久力が高い。ドレス等の生地の場合は伸縮性によるフィット感と耐久性の面から人気の素材です。

スラッシュドネックライン (slashed neckline)
前後とも襟ぐりをせず、直線上に明いたままの首回りをいいます。「ポンチョ」の首明きが代表的であります。

スリット (slit)
服飾用語としては衣服の運動性をよくするためや変化を持たせて装飾性を高めるため衣服の端から細長い切れ目を入れた開口(切れ込み)をいいます。普通は肩、襟元、袖口、裾部分などの縫い目を利用して作ります。

スリットネックライン (slit neckline)
ワンピースドレスなどで前中央の縦に深く切り込み(スリット)を入れた襟ぐりをいいます。

スレンダールック (slender look)
細身のワンピースドレスなどによる「細い(細く見せる)装い」をいいます。「スレンダーライン」「スリムルック」「ナロールック」などと同義語になります。

シャンタン (Shantung)
本来は柞蚕糸(野蚕糸)を用いたポプリンに似た平織りで横畝の目立つ粗野な織り物です。節(フシ)のある生糸を使って縦の絹糸と横は節のある絹玉糸で織られています。生地は丈夫で張りがあり、節模様が趣を感じます。また光沢がありドレスにも多様に使用されています。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

当店ホームページです。
よろしかったら、ご覧ください。
http://noda-tailcoat-cleaning.com/

 

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックしてください(^^)


社交ダンス ブログランキングへ

Category : 未分類

ドレス用語(カ行)

2016.03.15

みなさま、こんにちは社交ダンスウエア(燕尾服、タキシード、ドレス)を美しくケア(クリーニング、メンテナンス)できる店
のだクリーニング店長の野田です。
本日はドレスの専門用語を調べましたのでご紹介いたします。
(カキクケコ順です)

カクテルドレス (cocktail dress)
女性がカクテルパーティーなどに着るフォーマルウェアーで、格式高い「イブニングドレス」に対して、華やかさのあるものが多いです。「パーティードレス」と同義語になります。

ギャザー (gather)
服飾用語としては、布の一端をゆるく縫い、その縫い糸を一方に引っ張って布端を縮め(寄せ)ます。あるいは一方の布に他の布を縫いつける際に一方の布を掻き集めるように寄せ縮めて縫い付け、布に無数に並ぶ不規則な小さい襞(皺)を生じさせているものをいいます。

キュービックジルコニア (cubic zirconia, CZ)
透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有したもの。人工ダイヤとも呼ばれている。光の入り方の美しさから宝飾品などとしても人気。ジルコニウム酸化物。

グラデーション (gradation)
色の明暗・濃淡・色彩・幅などが徐々に変化していくこと。ぼかし。

クリスタル (crystal)
無色透明のガラス、水晶のこと。

クレープ (crepe)
細かい纈(しぼ:縮みジワ)のある織物を総称していう。縮緬(ちりめん)縮(ちぢみ)などもいう。この生地は絹の強撚糸を用いて織るため糸が戻ろうとして縮んで出来た無数の細かい纈を持つ織り物で、古くから中国で開発されたとされています。

くるみボタン (covered button,self-coverd button)
「包みボタン」と書きます。芯になる素材を表面布、皮革、編地で包んだボタンの総称です。身頃と共布や別色の布地、皮革などで包んだことでもあります。「カバードボタン(セルフカバードボタン)」などと同義語になります。ブラックフォーマルやドレスシャツに使用されることが多いです。

コサージュ (corsage)
ドレスの胸や肩などに付ける花飾り。主として米語で1886年に文献初出しています。これはフランス語の「bouquet de corsage=胸の花束」の略語として用いているものであります。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

当店ホームページです。
よろしかったら、ご覧ください。
http://noda-tailcoat-cleaning.com/

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックしてください(^^)


社交ダンス ブログランキングへ

Category : 未分類

ドレス用語(ア行)

2016.03.15

みなさま、こんにちは社交ダンスウエア(燕尾服、タキシード、ドレス)を美しくケア(クリーニング、メンテナンス)できる店
のだクリーニング店長の野田です。
本日はドレスの専門用語を調べましたのでご紹介いたします。
(アイウエオ順です)アシンメトリー (asymmetry)
「非対称」「不均斉(不均整)」などの意味であります。。服飾用語では左右などがデザイン的に意図された非対称の形をいい、「ワンサイディド(ワンサイド)」「オフバランス」などとほぼ同義語になります。対語は「シンメトリー」になります。変化があるのが特徴でしゃれた印象を表現したい時のテクニックとして表現します。アメリカンスリーブ (American sleeve)
「米国式の袖ぐり」の意味で身頃を首回りから脇下に向かって斜めにカットし、肩先を大きく露出させた形をいいます。前面から見ると「ホルターネック」にやや似ているが、ホルターネックの場合は背中が大きく明いているのに対して、アメリカンスリーブは前と背が同形です。アルファベットライン (alphabet line)
1954年にパリのクリスチャンディオールが発表した「Hライン」(シルエットの形がHの形)を始めとして、その後の「Aライン」「Yライン」「Xライン」「Iライン」を指すが、「チューリップライン」「アローライン」「トラペーズライン」なども含めていうこともあります。
首から袖ぐりまで、大きくカッティングされたデザインです。イブニングドレス (evening dress)
格式の高い晩餐会や公式行事としての舞踏会、観劇、音楽会などに着用する主として女性の衣服をいう。1797年に文献初出している。日本では「夜会服」といいます。Aライン (A line)
1955年にパリのクリスチャンディオールが発表したシルエットで、上半身から裾に向かって広がっています。このためウエストはややゆったりしている。「アルファベットライン」の1つです。

エンパイアライン (Empire line)
エンパイアスタイルの特徴は、大きい襟ぐり。エンパイアハイト、エンパイアドレスなどと呼ばれる衣服(ドレス)で、極端に高いウエストライン(ハイウエスト、エンパイアウエスト)のシルエット(エンパイアライン)。袖はパフスリーブなどさまざまな工夫を凝らした形のもの。コルセットを廃した。ドレスは全体として直線的なほっそりした形で、薄い生地を用い自然の肉体美を誇示し、色も白がほとんど–などでありました。これらは古代ギリシャ、ローマ時代の服飾を取り入れたもので、当初は英国から始まったものであったが、ナポレオンの妃「ジョセフィーヌ」が好んで着たこともあって世界的になりました。現在の感覚でいえばハイウエストの「シュミーズドレス」「キャミソールドレス」に近いです。

オーガンジー (organdie,organdy)
原型は絹織物と思われるが、西欧で主として作られたのは綿織物でありました。強撚糸を用い、生地を苛性ソーダで処理(マーセライズ[シルケット])して収縮を与えるとともに光沢を出し、やや固く張りのある風合いにしてあります。

オーストリアンクリスタル (Austrian Crystal)
オーストリアのハプスブルグ時代に磨かれた高度なクリスタル技術で、その透明度とカットによる輝きは、世界最高技術スワロフスキー・クリスタルに並ぶ美しさを誇っております。

オフショルダー (off-shoulder)
肩(ショルダー)部分がない(オフ)–という意味で、両肩を露出した形の、いわゆる「諸肌脱ぎ」の形をいう。その襟ぐりは「オフショルダーネック」、ドレスは「オフショルダードレス」などといいます。「ベアショルダー」「ベアトップ」「デコルテ」「ローブデコルテ」などと同義語になります。

アフタヌーンドレス
午後のフォーマルな場に着用される服の総称。特にワンピース形式のドレッシーのなドレスを指す事が多く、これは女性の正式な昼間の礼装として用いられます。結婚式の参列や公式行事などに向きます。肌を露出したり、透けるような生地は避けるのが原則とされ、丈は少し長めのものが一般的です。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

当店ホームページです。
よろしかったら、ご覧ください。
http://noda-tailcoat-cleaning.com/

 

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックしてください(^^)


社交ダンス ブログランキングへ

Category : 未分類

拝絹について

2016.03.10

みなさま、こんにちは社交ダンスウエア(燕尾服、タキシード、ドレス)を美しくケア(クリーニング、メンテナンス)できる店
のだクリーニング店長の野田です。
本日は拝絹について。

拝絹とは、タキシード・燕尾服など,男性用礼服の襟(ラペル)にかける別布。『サテン』などを用いる。となっています。

 

『サテン』とは
織物組織(又は 織組織)の名前で、朱子織(しゅすおり)や繻子織(しゅすおり)とも言います。三原織組織の1つで 通常経糸(タテイト)が多く表に出ていて、美しい光沢が出やすいです。

その一方で 平織りなどに比べて比較的摩擦には弱いです。(ポリエステルのサテンは シルク(絹)などのサテンに比べれば はるかに摩擦等には強いです。同じポリエステル製の平織りや綾織に比べて弱いと言うだけです。ですのでポリエステル・サテンは コート等の重衣料の裏地などに実際に使われてます)

コットン(綿)やウール(毛)、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維、キュプラ(ベンベルグ)などの再生繊維など 全ての素材(糸の種類)で サテンは存在しえます。

サテンの欠点

しゅす織りなので、使用の際は立爪の指輪やハンドバッグの金具など、尖った物に注意をしないとすぐに引き攣れてしまう。
熱を通しやすいため、冬場は生地が冷たくなりやすい。
吸水性がない。
洗濯に弱い。
表の生地と裏の生地で性質が異なってしまう。
アセテートのサテンについては、原料に酢酸塩を使用していることから、以前は酢の臭いがしていた。

燕尾服拝絹生地はシルク(絹織物)を使ってあることが多いです。

シルクの特性として、汗にすごく弱いです。燕尾服拝絹は人間でいうと顔です。
早め早めに良いお手入れして、永く愛用してください。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

当店ホームページです。
よろしかったら、ご覧ください。

http://noda-tailcoat-cleaning.com/

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックしてください(^^)


社交ダンス ブログランキングへ

Category : 未分類