社交ダンスの歴史#1

2016.02.22

みなさま、こんにちは社交ダンスウエア(燕尾服、タキシード、ドレス)を美しくケア(クリーニング、メンテナンス)できる店
のだクリーニング店長の野田です。

社交ダンスの歴史を調べてみましたので、何度かに分けて時々ご紹介いたします。
前置きにいろいろご紹介いたします。
語源
社交ダンスという名称は元々sociality dancingが間違って訳された名称のようです。

日本国内ではソシアルダンスとかソーシャルダンスと呼ばれることも多いですね。

社交ダンスの種類

競技ダンス社交ダンスとはコンベンションとソーシャルのスタイルの違いで元々は

ダンスの種目で区別されるものではないようです。

しかし、近年はインターナショナルスタイル競技ダンス10種目とそれ以外のスタイルのダンス

を区別しているようです。

競技ダンスの種類
メジャーなものでは
インターナショナルスタイル(イギリスを中心に発展普及)と
アメリカンスタイル(アメリカを中心に発展普及) があり、

インターナショナルスタイルには
スタンダード(ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ウィンナワルツ)
スタンダードでは男性は燕尾服、女性はドレスで踊ります。
ラテンには(チャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイヴ)
などの種目があります。

アメリカンスタイルには
スムース(ワルツ、タンゴ、フォックストロット、ウィンナワルツ)
リズム(チャチャチャ、ルンバ、スウィング、ボレロ、マンボ)
などの種目があります。

日本の社交ダンスの種類

競技会に含まれないダンスも多数あるようです。
ワールドスタイル、ミロンゲーロスタイル、サロンダンス、クラブダンス、ほかに総じてパーティーダンスと呼ぶ方もおられるようです。

日本で踊られている主なものをあげると、
日本で古くから一般に馴染みのあるものとしては、ブルース、マンボ、スクエアルンバなどがある。
そのほか、サルサ、メレンゲ、ミロンガ、ランバダ、クイックリズムダンス、ウエストコーストスィングなどがある。

いよいよ、歴史なのですが、それは日を改めて、、、

ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

当店ホームページです。
よろしかったら、ご覧ください。

http://noda-tailcoat-cleaning.com/

 

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックしてください(^^)


社交ダンス ブログランキングへ

Category : 未分類